見出し

ダイレクトレスポンスマーケティング 痛みの訴求の事例

100万円儲かるかも?

100万円損するかも?

という2つの場合、人は損する方に神経を使いやすい。人がリスクに関して過敏だということは行動経済学の「プロスペクト理論」で証明されています。

ので、ダイレクトレスポンスマーケティングにおいて、痛みを伴う表現は効果的だとされています。

この記事では、ダイレクトレスポンスマーケティングの痛みの訴求事例をご案内しています。

 

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング ベネフィット訴求の見出し事例

ダイレクトレスポンスマーケティングのキャッチコピーにおいて有効になるのが「ベネフィット」の訴求です。

要は、「買った人が得ることのできる利益」を明確にするということになります。

ここで間違いやすいのは、ベネフィット(得られる利益)と商品の特徴を混同してしまうことです。

 

まずは、iPhone 6sを例に特徴とベネフィットの違いを説明します。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング エピソード訴求の事例

 

ダイレクトレスポンスマーケティングにおいて大切なことは、読み手に伝えたいことをきちんと伝えるということです。読み手に伝えるためには、ストーリーを活用することが有効です。

 

「アイデアのちから」という本の中に、ストーリーの有効性について語られている項目があります。

 

この記事でお話しする内容は、これからもあなたの記憶にねばりつくと思います。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 価格訴求の見出し事例

ダイレクトレスポンスマーケティングだけでなく、広告の効果を高めるために、価格訴求する方法は最もシンプルですが、パワフルです。

安い、得をするという話は人の感情を刺激します。

安く売ることができればお客さんが集まるという考えは正しいと言えます。しかし、利益を減らすだけでは意味がありません。

この記事ではダイレクトレスポンスマーケティングで価格訴求の見出し事例を紹介します。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティングの効果を高める見出し14の型【日本国内事例付】

「見出しは、本文の5倍読まれる」

ということは、わかっているものの、どんな見出しを書けばいいのか・・・

 

少し勉強をしている人なら、ダイレクトレスポンスマーケティングについてご存じだと思います。ですから、ここではダイレクトレスポンスマーケティングが何であるかを詳しくは説明しませんが、間違いやすいポイントについてお話しします。

ダイレクトレスポンスマーケティングのキモは、ターゲットになる顧客層に直接働きかけることです。そこで重視されるのが見出しです。

見出しで読み手の関心を引くことができなければその先を読んではもらえません。

 

見出しが大切なことは誰でもわかっていると思いますが、使い方を間違えば、ダイレクトレスポンスマーケティングの効果は期待できません。

この記事では、ダイレクトレスポンスマーケティングで間違いやすいポイントと、14の見出しの型をご紹介します。

 

続きを読む