折込チラシ

折込チラシを最も安く賢く印刷する方法

あなたは折込チラシを安く効果的に配布する方法を知っているでしょうか?

いいチラシとは、反応率の高いチラシです。反応率は、CPO(1注文にかかるコスト)またはCPR(1問合せにかかるコスト)で算出されます。つまり、安くチラシを作成して、高い反応率を獲得すれば、CPO、CPRが下がるということになります。

安くチラシを印刷できることは、マーケティングにおいて大切なのです。

この記事では、折込チラシを賢く安く印刷する方法を考えます。

 

続きを読む

折込チラシが効果的な6つの業態

「折込は効かない。これからはネットの時代だよ」

折込チラシの印刷営業をしていて、広告の担当者からそんなことを言われたことはありませんか?

実際、ネットの広告予算は増えています。一方で、折込チラシを続けている会社もあります。

大企業だから予算があるので折込チラシを入れている?

そんなことはありません。どんなに大企業でも予算を無駄にするようなことはしません。折込チラシを入れているのは、折込チラシが効果的だからなのです。

 

では、どんな業態に折込チラシは効果的なのか?

今回は、折込チラシの営業をしている田中さんからの質問にお答えする形で、経営コンサルタントの別所料が折込チラシの効果について考えてみます。

続きを読む

印刷業、広告業が知っておきたい折込チラシ作成の6つ基本

媒体によって見る人は違います。当然ながら、商品により、誰に広告を見せたいのかで広告媒体はかわりますし、キャッチコピーなどのメッセージもデザインも変わります。

一方でターゲットとする人に届けるためには、そのメディアしかないという場合もあり、最適ではけど、最良ということで選択しなければいけないこともあります。

現在、折込チラシの反応が落ちていると言われています。新聞購読者の減少と、部数水増疑惑など、一部ではレガシーメディア(衰退メディア)と言われています。こうした指摘に関して、印刷業界では「紙メディアがなくなることはない」という向きもありますが、危機感は持つべきだと思います。

新聞がレガシーメディアにならない方法としては、良質な記事を配信し続けるということになります。「新聞の本質とは何か?」と考えた時、それは良質なニュースを届けるということで、新聞社の生命線は記者にあります。

 

この点は、同じくニュースを配信しているテレビと類似しているように思われがちですが、「ニュースの数」「特集記事の深み」に関しては新聞に部があると考えます。ですから、新聞という媒体がなくなることは考えにくいですが、デバイスの進化によって、紙に印刷をして配達員が届けるという形態でなくなる可能性は否定できません。

こうなれば折込チラシの印刷を生業としている印刷会社の仕事は激減します。ですから、勝ち残るための戦略を構築していく必要があります。デザイン会社も同様で、折込チラシという媒体の価値を高めていかない限り、危険水域を脱することはできません。

 

折込チラシのメディアとしての価値を高めるために、6つの基本についてお話しします。

 

 

続きを読む