ネット印刷が台頭してきてから印刷物の価格は大きく下落しました。そんな中で、印刷営業マンの役割は印刷の手配をすることだけでは不十分だと言えます。
仕様を確認して見積りを提出して、データを貰って工場に入れるというだけでは、ネット印刷と違いがありません。それどころか、金額の自動計算ができるホームページは、連絡が取りにくい営業マンよりも利便性が高いと言えます。こうした中で、売れる印刷営業として受注を増やしていく方法について考えます。
以前のことですが、私はこれからお話しする方法で、売上と利益を伸ばし、その方法を持って、小さな会社に転職しました。そこでも同じ方法で売上と利益を伸ばして、役員になり、年収は1000万円を超えました。
今はコンサルタントとして活動しているので、仕事の幅は増えましたが、印刷営業マンの支援をお手伝いする場合は、同様の方法を行っています。

 

続きを読む