デザイナーは華やかなイメージがあります。しかし、商業デザインの場合、実際はイメージと異なることがあります。昨今はWebデザインが主流かもしれませんが、紙メディアを中心としたグラフィックデザインを仕事にしている人も多くいます。実は、グラフィックデザインの仕事は、やり方によって大きく稼ぎが違ってきます。
グラフィックデザイナーの中にはWebデザインができない人も多く、稼ぐためには自分のグラフィックデザインの価値を高めるしかありません。
まずは、どこで仕事をするのかということが大切で、グラフィックデザイナーとして仕事をする方法はおおむね、次のようになります。

  • 独立(フリーランス)
  • デザイン会社勤め
  • 広告代理店勤め
  • 印刷会社勤め
  • 企業の宣伝部

フリーランスで成功して稼ぐようになればいいですが、それでも、デザインの作業をして料金を請求するビジネスモデルなので、稼ぐほど忙しくなるという循環に陥ります。
フリーランスのデザイナーになるためには、まずはどこかの組織で修業をする必要があるわけですが、どの会社に入るのかでも給料と仕事量は違います。

たいていの人のイメージと同じだと思いますが、企業の宣伝部が条件がよく、広告代理店、印刷会社、デザイン事務所という具合に、厳しい仕事のわりに稼ぐことが難しいという流れになります。
そんな中で、この記事では、グラフィックデザインを仕事にしながら、将来的に稼ぐことができるグラフィックデザイナーになる方法についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む