ダイレクトレスポンスマーケティング 見出し

ダイレクトレスポンスマーケティング 証言スタイルの訴求の事例

大手企業の広告で芸能人や有名人が起用される理由は、イメージと共に、信頼性を勝ち取るためです。

以前は、人気タレントが使われることがよくありました。タレントの人気と商品の好感度をリンクさせることで売上が上がりました。

 

最近の傾向は、高齢者向けの広告にはタレントに交じって文化人が起用されていることです。

彼らの「証言」は信用力を高めます。

 

この記事では、広告予算の限られた中小企業が、どのように「証言」を活用すればいいのかをご紹介します。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 仮定の訴求の事例

ダイレクトレスポンスマーケティングで効果が実証されているキャッチコピーの型に、「もし~なら、あなたは~できます。」というものがあります。

人を反応させるためには、「私にも当てはまっているかも?」と思わせることです。

 

この記事では、家庭を訴求した事例をご紹介します。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング日時・数値による訴求の事例

販売期間を儲けた場合、売り出し当初と締め切り直前に売上の山ができる。ダイレクトレスポンスマーケティングにおいては、「デットライン」(締め切り)を設けるのがポイントになります。

期限を設けることで、人を反応させやすくなります。ダイレクトレスポンスマーケティングの訴求には、必ず期限を設けるようにしてください。

 

また、実績を示す数値を入れることも、信頼性を高めて、レスポンスが上がります。

 

この記事では、数字を使った見出しの事例をご紹介します。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 新情報・ニュース訴求の事例

広告というのは、ニュースです。人は新しいものに興味を持つので、ダイレクトレスポンスマーケティングのキャッチコピーにも、

 

新発売

新発想

発表

お知らせ

 

というような表現に注目します。

 

これまでの価値観を変えるようなコンセプトがある場合は、ニュースとしての訴求が有効になります。

この記事では、ニュースの訴求による広告を紹介します。

 

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 質問形式の訴求の事例

人は、質問をされると考え始めます。

 

自動的に脳にスイッチが入るようです。特に、自分に該当する質問には興味を持ちます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングでは、質問形式の見出しが使われています。

 

 

この記事では質問形式の見出しを紹介します。