ダイレクトレスポンスマーケティング 国内事例

ダイレクトレスポンスマーケティング 痛みの訴求の事例

100万円儲かるかも?

100万円損するかも?

という2つの場合、人は損する方に神経を使いやすい。人がリスクに関して過敏だということは行動経済学の「プロスペクト理論」で証明されています。

ので、ダイレクトレスポンスマーケティングにおいて、痛みを伴う表現は効果的だとされています。

この記事では、ダイレクトレスポンスマーケティングの痛みの訴求事例をご案内しています。

 

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 新情報・ニュース訴求の事例

広告というのは、ニュースです。人は新しいものに興味を持つので、ダイレクトレスポンスマーケティングのキャッチコピーにも、

 

新発売

新発想

発表

お知らせ

 

というような表現に注目します。

 

これまでの価値観を変えるようなコンセプトがある場合は、ニュースとしての訴求が有効になります。

この記事では、ニュースの訴求による広告を紹介します。

 

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 好奇心を促す訴求の事例

知らないことを知ることが人に喜びを与えると言われます。

 

また、人が知っていることを自分が知らないというのは人をがっかりさせます。

 

ですから、「すでに10万人が知っています。」というような訴求は効果があるわけです。

 

好奇心を満たす訴求はダイレクトレスポンスマーケティングでよく使われます。

 

しかし、単に「知りたいですか?」と言えばいいというものではありません。

 

好奇心を刺激する内容でないと意味がありません。

 

「人が興味を持っていることで、知らないこと」

それが好奇心を満たすのです。

 

続きを読む

ダイレクトレスポンスマーケティング 特定の人に呼び掛ける訴求の事例

例えば、人が人込みで、「誰かこの商品を買ってください」と怒鳴ったとしても、ほとんどの人は振り向いてもくれません。

しかし、同じ人込みで、500円玉を落としたらどうなるでしょうか?

どんなに小さな音でも、複数の人が振り向くのではないかと思います。人は自分の興味のあることしか耳に入りません。逆に興味のあることなら、どんなに小さな音でも耳を傾けるのです。

では、人が興味を持つことは?

 

続きを読む