以前の記事で、キャッチコピーの役割は、「売る」ことではなく、本文にお客さんを引き込んでいく役割ですとお話ししました。

お客さんを本文に引き込むパターンとして、

1:お得

2:快楽を得る

3:痛みを避ける

訴求方法が有効になります。この記事では、14の型を紹介しながら、具体的なキャッチコピーの作り方について紹介します。

 

 

続きを読む