女性脳を味方にする広告・チラシ作成14のヒント

買い物は女性が主役だと言われます。

実際多くのチラシは女性のお客さんに向けたものとなっています。

だから、チラシの担当者としては、女性心の理解を外せません。特に男性の担当者は絶対条件ですし、女性の担当者でも「マーケティング頭」になると男性化していることもあります。

 

「女性心と秋の空」(古い)ではありませんが、女性の心をつかむのは難しいものです。

 

そこでキーになるのが、「女性脳」。

今回の記事では、科学的に分析されている女性脳についてお伝えします。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

キャッチコピーの効果を倍増させるお客さんの5ステージの悩みとは?

売れるキャッチコピーはどうやって作るのか?

チラシ作りを担当していれば、キャッチコピーの大切さを痛感している人が多くいます。しかし、売れるキャッチコピーを作るのは簡単ではありません。

今回は、黒酢ニンニクの通信販売会社で広告を作成している高野さんからいただいたキャッチコピーの相談にお答えする形でお伝えします。

 

前回の相談内容はこちら
『売れるチラシを作成するために、世界で一番重要なこと』

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

売れるチラシを作成するために、世界で一番重要なこと

売れるチラシを作成するためには、「あること」を最も大切にしなければなりません。

今回は、新人の広告担当者さんからの相談にお答えしながら、印刷ファイターがチラシ作りで最も大切なことをお話しします。

 

<人物紹介>

parson_men

武田さん

中堅のリフォーム会社(神奈川県)の新人のチラシ担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高野さん

中堅の健康補助食品の通信販売業(本社 香川県)の新人チラシ担当

 

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

売れるチラシ成功のポイント 顧客をファン客に変える5つのポイント

ほとんどの企業の売上は、何度も購入してくれるリピート客で賄われています。

チラシ作りの担当者は、この揺るがせない事実を忘れてはいけません。

チラシの目的は新規で開拓した顧客にファンになってもらうようなシナリオの第一歩なのです。

 

この記事では、ファン客=信者⇒儲かる(当て字ですが)の法則についてお話ししたいと思います。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

効果のないチラシを蘇らせる13のレスポンスアップオファー

チラシの効果がなかった場合、キャッチコピーやクリエイティブに問題があると考えて改善をします。

こうした作業を繰り返して売れるチラシは作られるのですが、案外と見落とされているのがオファーです。

この記事では、代表的な13のオファーを紹介します。

 

※この記事でのオファーとは、購入特典という意味でお伝えしています。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

顧客心理をゆさぶる13の心理テクニック

感情は理性を上回ってしまうと言われます。実際のところ、論理的に「この商品に私が興味をひかれている理由は?」なんて考える人はいないわけです。

「わかっていけるど、やめられない。」という言葉が流行するのも、人が感情的な動物だからですね。

人は誰でも、「思わず買ってしまった!」という経験があります。

優れたチラシの制作者は、人間の心理に精通しています。

よく見れば、売れるチラシは、お客さんの感情を揺さぶり、理性を納得させるクロージングが施されているのです。

この記事では、売れるチラシに使われているお客さんの感情をゆさぶる13のテクニックを紹介します。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

効果的なキャッチコピーづくりに欠かせない6つの準備

広告で最も大切なことがキャッチコピーだと考えている人は多いですね。その考え方は間違いではありません。

キャッチコピーを考えるのは楽しい作業です。

しかし、自分主導で考えてしまうといいキャッチコピーができたと思っても反応が取れないことがあります。

この記事では、キャッチコピーを考える前に準備をしておいていただきたいことをお伝えします。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

困った時のキャッチコピーの作り方 14の型

以前の記事で、キャッチコピーの役割は、「売る」ことではなく、本文にお客さんを引き込んでいく役割ですとお話ししました。

お客さんを本文に引き込むパターンとして、

1:お得

2:快楽を得る

3:痛みを避ける

訴求方法が有効になります。この記事では、14の型を紹介しながら、具体的なキャッチコピーの作り方について紹介します。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn