ダイレクトレスポンスマーケティング 価格訴求の見出し事例

ダイレクトレスポンスマーケティングだけでなく、広告の効果を高めるために、価格訴求する方法は最もシンプルですが、パワフルです。

安い、得をするという話は人の感情を刺激します。

安く売ることができればお客さんが集まるという考えは正しいと言えます。しかし、利益を減らすだけでは意味がありません。

この記事ではダイレクトレスポンスマーケティングで価格訴求の見出し事例を紹介します。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ダイレクトレスポンスマーケティングの効果を高める見出し14の型【日本国内事例付】

「見出しは、本文の5倍読まれる」

ということは、わかっているものの、どんな見出しを書けばいいのか・・・

 

少し勉強をしている人なら、ダイレクトレスポンスマーケティングについてご存じだと思います。ですから、ここではダイレクトレスポンスマーケティングが何であるかを詳しくは説明しませんが、間違いやすいポイントについてお話しします。

ダイレクトレスポンスマーケティングのキモは、ターゲットになる顧客層に直接働きかけることです。そこで重視されるのが見出しです。

見出しで読み手の関心を引くことができなければその先を読んではもらえません。

 

見出しが大切なことは誰でもわかっていると思いますが、使い方を間違えば、ダイレクトレスポンスマーケティングの効果は期待できません。

この記事では、ダイレクトレスポンスマーケティングで間違いやすいポイントと、14の見出しの型をご紹介します。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ダイレクトレスポンスマーケティング 新情報・ニュース訴求の事例

広告というのは、ニュースです。人は新しいものに興味を持つので、ダイレクトレスポンスマーケティングのキャッチコピーにも、

 

新発売

新発想

発表

お知らせ

 

というような表現に注目します。

 

これまでの価値観を変えるようなコンセプトがある場合は、ニュースとしての訴求が有効になります。

この記事では、ニュースの訴求による広告を紹介します。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ダイレクトレスポンスマーケティング 好奇心を促す訴求の事例

知らないことを知ることが人に喜びを与えると言われます。

 

また、人が知っていることを自分が知らないというのは人をがっかりさせます。

 

ですから、「すでに10万人が知っています。」というような訴求は効果があるわけです。

 

好奇心を満たす訴求はダイレクトレスポンスマーケティングでよく使われます。

 

しかし、単に「知りたいですか?」と言えばいいというものではありません。

 

好奇心を刺激する内容でないと意味がありません。

 

「人が興味を持っていることで、知らないこと」

それが好奇心を満たすのです。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ダイレクトレスポンスマーケティング 質問形式の訴求の事例

人は、質問をされると考え始めます。

 

自動的に脳にスイッチが入るようです。特に、自分に該当する質問には興味を持ちます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングでは、質問形式の見出しが使われています。

 

 

この記事では質問形式の見出しを紹介します。

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ダイレクトレスポンスマーケティング 特定の人に呼び掛ける訴求の事例

例えば、人が人込みで、「誰かこの商品を買ってください」と怒鳴ったとしても、ほとんどの人は振り向いてもくれません。

しかし、同じ人込みで、500円玉を落としたらどうなるでしょうか?

どんなに小さな音でも、複数の人が振り向くのではないかと思います。人は自分の興味のあることしか耳に入りません。逆に興味のあることなら、どんなに小さな音でも耳を傾けるのです。

では、人が興味を持つことは?

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

印刷業、広告業が知っておきたい折込チラシ作成の6つ基本

媒体によって見る人は違います。当然ながら、商品により、誰に広告を見せたいのかで広告媒体はかわりますし、キャッチコピーなどのメッセージもデザインも変わります。

一方でターゲットとする人に届けるためには、そのメディアしかないという場合もあり、最適ではけど、最良ということで選択しなければいけないこともあります。

現在、折込チラシの反応が落ちていると言われています。新聞購読者の減少と、部数水増疑惑など、一部ではレガシーメディア(衰退メディア)と言われています。こうした指摘に関して、印刷業界では「紙メディアがなくなることはない」という向きもありますが、危機感は持つべきだと思います。

新聞がレガシーメディアにならない方法としては、良質な記事を配信し続けるということになります。「新聞の本質とは何か?」と考えた時、それは良質なニュースを届けるということで、新聞社の生命線は記者にあります。

 

この点は、同じくニュースを配信しているテレビと類似しているように思われがちですが、「ニュースの数」「特集記事の深み」に関しては新聞に部があると考えます。ですから、新聞という媒体がなくなることは考えにくいですが、デバイスの進化によって、紙に印刷をして配達員が届けるという形態でなくなる可能性は否定できません。

こうなれば折込チラシの印刷を生業としている印刷会社の仕事は激減します。ですから、勝ち残るための戦略を構築していく必要があります。デザイン会社も同様で、折込チラシという媒体の価値を高めていかない限り、危険水域を脱することはできません。

 

折込チラシのメディアとしての価値を高めるために、6つの基本についてお話しします。

 

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

自社のポジショニングを明確にする7つの質問

広告を作成する時、お客さんへのアピールポイントを探します。

他社と比較した優位性、No1の分野や実績をアピールするというのがわかりやすいポイントになります。

では、No1をアピールすれば売れるのか?と言いますと、ポジショニングというものを意識しなければなりません。

 

この記事では、自社のポジショニングについて解説します。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

NOVAの広告に学ぶ!塾のための10の差別化戦略

小さな塾が大手に勝って生徒を集めるためには、差別化戦略が大切になります。差別化戦略とは、他社との違いだと理解されていますが、本質的には、自社の強みを活かして他塾を引き離すと考えるほうが戦略的には正解になりやすいと言えます。

個人塾の場合、「あなたの塾の強みは?」と質問をすれば、ほとんどの塾長が「講師の質」と答えます。事実かもしれませんが、それだけでは生徒にも保護者にも伝わりません。

 

講師の質が保護者や生徒にどんなメリットがあるのかを明確に伝えなければなりません。

実際のところ、既存塾生の紹介で入塾者が増えているとしたら、塾の強みはあるということです。にも関わらず、残念ながら新規の塾生は少ないとしたら、広告宣伝に失敗していると言えます。

 

この記事では、英会話のNOVAの広告戦略を参考に小さな塾の差別化戦略について考えます。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ユニクロの広告戦略に学ぶ企業イメージの作り方

広告には企業や商品のイメージを伝えるイメージ広告と販売に直結させる販売広告があります。商品は重要ですが、これからはお客さんが企業に対してどのようなイメージを持っているのかを考える必要があります。

手軽に更新できるホームページ、動画サイトが充実し、自社のコンテンツを配信する仕組みが整った今、企業は自社メディアによるイメージを構築する必要があります。

 

イメージ作りと販売の両者をセンス良く組み合わせた広告展開を行っているのがユニクロです。

この記事では、ユニクロの広告展開から、企業イメージの作り方を考えます。

※この記事は2018年7月4日に一部加筆しました。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn