折込チラシコストダウンのご提案

折込チラシの最安値を目指します!

折込チラシのコストダウンをお考えの方は、
お見積りを依頼してください。

 

印刷ファイターでは、全国の折込チラシ印刷会社と提携し、ご依頼いただいた見積りを各社に連絡し、最も安い価格をご提示します。

お見積もりのご依頼からご注文までの流れ

 

 

折込チラシの印刷ファイター6つの特徴

 

  1. 御社専任の担当制

印刷手配歴10年以上の御社専任担当が電話とメールで注文を受け付けます。ネット発注の面倒な手間がありません。

 

  1. 全国の折込チラシ印刷のネットワーク

印刷ファイターでは、全国の折込チラシ印刷会社から相見積もりをとってコストダウンした価格をご提示します。継続した注文がある折込チラシは、同じ印刷会社で印刷しますので、注文ごとに色目が変わることはありません。

 

  1. 大量印刷の場合は3か月間倉庫保管料無料

単価を下げるために大量印刷をする場合は、無料で3か月間保管します。

※発送料は別途になります。

 

  1. 後払い対応

PAIDをご利用いただくことで、月末締めの翌月末支払いに対応しています。

 

  1. 折り込みチラシのリサーチと売れるノウハウを提供

単にコストを下げるだけではありません。折込チラシの広告効果を高める印刷方式の提案や企画デザインの参考資料になる情報を提供し、広告主様、代理店様、デザイン事務所の様のお仕事に貢献します。

 

  1. 他社価格徹底対抗

もっと安い価格があれば、さらにコストダウンができる折込チラシ印刷会社を探してご提案します。その際は、指値をお知らせください(法外な価格の場合は、ご希望に添えないことが稀にあります。あらかじめご了承ください)

 

メールフォームの入力など、面倒な手間を省くために、お電話にて対応させていただいています。担当者の対応力と印刷の知識をご理解いただき、安心していただくために、お電話でお話をさせていただくことが最良だと考えています。

 

見積もりのご提出以外にセールスをしないことをお約束します。

 

 

 

チラシ印刷 ご発注から納品までの業務体制をご紹介します。

印刷ファイターは、経営戦略パートナーズというコンサルティング会社が運営しています。なぜ印刷にコンサル会社?って疑問に思われるかもしれないですね。

まず当社が印刷通販を運営するに至った背景を簡単にご紹介します。当社は数多くの会社様パートナーとして業務を分析していく中で印刷業もお手伝いさせて頂きました。

その過程で外から見る目、どちらかというと職業柄で印刷を発注する側から見てしまうのですが、すごく決まり事と固定概念がある業界と感じること なぜ?どうして?ということが多々ありました。

 

チラシ印刷までの流れを大きなステップで整理してみると

第一ステップ

印刷物は、まず最初に紙の調達から入ります。製紙メーカーから紙代理店・卸商を通って印刷会社に入ってきます。話を聞いてますと紙は、長い歴史と古くから受け継がれた習慣とこだわりがある業界と感じます。あまりなじみのない斤量とか米坪とか四六判とかB判とかA判とか?! の言葉が出てきまして ...紙の規格87㎏とか70.5㎏等存在し、ルールに従い発注がされています。

 

第ニステップ

第一ステップと前後するかもしれないですが、第一ステップの紙で見積りをします。見積りは、といいますと業界のルールとなった紙の規格でお客様と話をし、見積書を作るといった流れになります。

 

第三ステップ

お見積りでご発注が決まれば、データ入稿をして頂き、印刷~出荷・納品へと進めるのが大きな流れになります。

 

そこで感じたことは?

紙の仕入購買担当にヒアリングしますと紙の種類も数多く存在し、特別用途品もあったりするとのことで紙の質感、仕上がり品質も微妙に違ってたりするとのことでした。安くても99%ちょっと変わったものは、使わないのが鉄則でした。それは、『いつもと違うなあ』とか、『印刷しやすいかどうか不安』とか、否定することから始まっていていつもの紙で購入するのが一般的な流れといいことがわかりました。 製紙メーカー、紙代理店からメリットのある提案を受けても活用できていないと感じるところでした。 発注する側の目線で見ると紙の仕入購買者が言うほどの違いは、そんなに感じられずメリットある紙をもっと案内してほしいとの気持ちでした。

そこで私どもコンサルティング会社が、発注する側目線で商談もできる印刷通販としてコストダウンを最大のテーマにし、皆様の強い要望でもある激安特価でご案内できるようコンサルティング会社内に印刷通販チームを発足し、コストダウンに使える紙を選別しチラシを発注する側目線で企画提案する形式でスタートさせています。

 

チーム編成は、どのように?

当社内に印刷通販チームがあり、統括責任者のもとに3名の印刷ベテラン担当者がみなさまの窓口となります。

印刷経験10年以上のものばかりですのでご安心下さい。

3名の担当者は、各印刷会社をコントロールし、印刷仕様詳細確認からデータ入稿からデータチェックを行い納品まで専任体制でご対応させて頂きます。簡単な図で表しますと次の通りです。

 

チラシ印刷業務体制

輪転印刷のスペシャリストが専任でご対応させて頂きます。どうぞご安心下さい。

固定概念にとらわれず、とにかく「コストダウン」できる紙を試したいご担当者さまに、本気でオススメいたします。

 

ぜひ、お見積もりのご依頼をください。

 

メールフォームの入力など、面倒な手間を省くために、お電話にて対応させていただいています。担当者の対応力と印刷の知識をご理解いただき、安心していただくために、お電話でお話をさせていただくことが最良だと考えています。

 

見積もりのご提出以外にセールスをしないことをお約束します。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

折込チラシが効果的な6つの業態

「折込は効かない。これからはネットの時代だよ」

折込チラシの印刷営業をしていて、広告の担当者からそんなことを言われたことはありませんか?

実際、ネットの広告予算は増えています。一方で、折込チラシを続けている会社もあります。

大企業だから予算があるので折込チラシを入れている?

そんなことはありません。どんなに大企業でも予算を無駄にするようなことはしません。折込チラシを入れているのは、折込チラシが効果的だからなのです。

 

では、どんな業態に折込チラシは効果的なのか?

今回は、折込チラシの営業をしている田中さんからの質問にお答えする形で、経営コンサルタントの別所料が折込チラシの効果について考えてみます。

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

顧客ターゲットをセグメントする2つの指標

あなたは、顧客ターゲットをどのようにセグメントしているでしょうか?

世の中、すべての人に売れる商品というのはありません。商品を売るためには、顧客ターゲットを明確にしようと言われます。ところが、セグメントが甘く、結局のところ、顧客ターゲットが曖昧なままの商品開発やマーケティングが行われてしまいます。

この記事では、顧客ターゲットを明確にするためのセグメントについて2つの指標についてお話しします。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

小さな塾が激戦区で勝つためのチラシを作る17の手順

塾はチラシで集客するのがセオリーです。

しかし、チラシの予算の少ない個人塾は広告予算を割くことができません。

小さな塾の集客は基本的に紹介に頼ることになります。

兄弟の満足度が高ければ、弟や妹を連れてきてくれる。友達を誘ってくれることもあります。

しかし、それでは個人塾は大きくはなりません。少子化に向かっていく社会では、自力で新規の生徒を集める方法を持たなければ縮小していくだけです。

自力で生徒を集める方法とはマーケティング戦略を確立するということです。ここでは、塾のマーケティングに欠かせないチラシの作成の17の手順についてお話をします。

2月の前半から合格者数を前面に押し出したチラシが投下されることになります。この段階においては小さな塾は不利になりますので、その前の集客手段としてのチラシの作成方法をお話しします。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ネット印刷の5つのメリットと10のデメリット

インターネットで発注ができるネット印刷会社が増えています。価格が安いですが、顔が見えない不安もあり、依然として営業マンが対応してくれる印刷会社に発注している人も多くいます。

一方で価格の安さにより、リアルな印刷会社からネット印刷に切り替えてしまった企業もあります。

 

この記事ではネット印刷のメリットとデメリットを考えながら、売れるチラシを作成するための印刷物のネット印刷の使い方について考えます。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【悪用厳禁】ほとんど脅しのようだけど売れる広告デザイン例12選

carved-1298797_960_720広告のレスポンスを上げるためには、

商品を買うことで得られる利点

商品を買うことで痛みから逃れられる

商品を買うことで希望が手に入る

ということを明確に訴求することが大切です。

緊急性があることの方が人は早く行動するので、「痛みからの解放」を訴求することでレスポンスを上げることができると予想されます。痛みは現実的で切迫感がある方が効果的なので、「見たら痛いと思う」広告デザインが制作されます。

ということで、この記事では苦痛から逃れるための訴求をやっている広告デザインを集めてみました。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

キャッチコピーとビジュアルにインパクトがある5段新聞広告デザイン15選

marketing-strategies-426545_960_720チラシであればB4よりはB3サイズ、新聞広告であれば5段よりも全面広告の方がインパクトは大きくなるのは当然です。

しかし、広告費用をたくさん支払いたいという企業はありません。どの企業でも広告費用は効果的に使いたいと考えています。

ですから、効果的な広告を作成できるデザイナーには仕事が集まります。

効果的な広告とは、小さな紙面でインパクトのある広告だと言えます。小さな紙面でインパクトのある広告デザインを作成するポイントは、キャッチコピーとビジュアルです。

 

優秀な広告デザインとは、小さな紙面で効果を出すもので、ここをクリアできるからこそ、デザイナーは大きな紙面の広告デザインを依頼されるのです。

 

この記事では、新聞の5段広告を例に、キャッチコピーとビジュアルにインパクトのある広告を集めてみました。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

中小企業がコンセプトを作るための6つの手順

あなたは、コンセプトの導き方をご存じでしょうか?

企業の戦略構築において、コンセプトが検討されます。

新商品の開発においてもコンセプトが重視されます。

しかし、世の中に優れたコンセプトは多くはありません。

 

理由はコンセプトを考える手順が明確化されていないからです。

それだけではありません。

そもそもコンセプトとは一体何か?

曖昧な言葉でもあるので、意味を明確にとらえている人も多くはありません。

コンセプトの意味をどう捉えるかで、導き出されるコンセプトは違ってきてしまいます。

 

コンセプトの意味を曖昧にしたままコンセプトを考えるのは、問題が不明確なまま回答を考えるのと同じです。

コンセプトに意味を明確化し、強いコンセプトを作ることで商品は売れて、企業は大きく成長します。

 

この記事ではコンセプトを考えるための6つの手順を紹介します。

 

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn