ダイレクトレスポンスマーケティング ベネフィット訴求の見出し事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトレスポンスマーケティングのキャッチコピーにおいて有効になるのが「ベネフィット」の訴求です。

要は、「買った人が得ることのできる利益」を明確にするということになります。

ここで間違いやすいのは、ベネフィット(得られる利益)と商品の特徴を混同してしまうことです。

 

まずは、iPhone 6sを例に特徴とベネフィットの違いを説明します。

 

 

3D Touch。12メガピクセルの写真。4Kビデオ。すべてをパワフルな1台で。iphone

というのは特徴。

 

ベネフィットとは、特徴によって、どんなことが得られるのか?

新しい5メガピクセルのFaceTime HDカメラで、作品と呼べるほどのセルフィーを撮ることもできます。

iPhone 6sでは、大切な思い出に命を吹き込むための新しい方法、Live Photosも登場します。

Live Photosは、写真を撮った一瞬の前後の瞬間もとらえるため、指でプレスするだけで写真が動き出します。

 

というのがベネフィットだと言えます。

 

 

以前、ジャパネットたかたで、ICレコーダーの販売に成功した事例があります。

ICレコーダーはビジネスの場で使われることが多いので、一般的なマーケティングでは、男性ビジネスマン向けに行われていました。

しかし、高田社長は、お母さん向けに販売をしました。

 

ICレコーダーで手軽に音声メモができます。

留守の時に子どもに「ご飯をチンしてね」や「今日は何時に帰る」などの音声メモを残しておいたり、病気のおばあさんに薬の飲み方を録音しておいたりと、日常生活において、ICレコーダーのベネフィットを伝えたからだと考えることができます。

 

事例を上げると、

これが特徴のセールス

 

 

こちらがベネフィットを加えたセールス

 

 

次に、ベネフィットを訴求した広告の事例をご紹介します。

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

パワフルなベネフィットとしては「簡単である」「わかりやすい」というものがあります。

 

SONY DSC

 

明確さは回りくどい説得を上回るのです。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの見出しについて、その他の型はこちらでご案内しています。ダイレクトレスポンスマーケティングの効果を高める見出し14の型【日本国内事例付】

 

ダイレクトマーケティングの最新事例は
チラシと広告の総合データベースでご覧ください(無料でデータベースを使うことができます)

チラシサイト

↑画像をクリックすると、チラシサンプルのデータベースにリンクします。

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

SNSでもご購読できます。

この記事の執筆者

別所諒
・社長の味方コンサルタント
・株式会社経営戦略パートナーズ代表取締役
・心理カウンセラー

著書
「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」

「がんばっても成果は出ない」

中小企業の2代目社長のサポーターとして、経営、マーケティング、組織開発の相談に乗っている。

コメントを残す

*