強烈!短い言葉なのに、インパクトのあるキャッチコピー28選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あなたは広告のキャッチコピーをどのように考えているでしょうか?

よくある失敗は、キャッチコピーで全てを伝えようとしてしまうことです。

例えば、

 

最近、体力が落ちたあなたへ、

  • ●なら1日1回飲むだけで疲労が期待できます。

というようなものです。

ひとつのセオリーですが、伝えたいことが多くなると、キャッチコピーも長くなります。結果、説明くさく、読まれなくなってしまいます。

 

キャッチコピーが長くなったと感じたら、一気に短くする方法を考えて見ましょう。

 

例えば、

 

疲れが取れた!!

 

とする方が見込み客をキャッチしやすくなります。

この記事では、短いからこそインパクトのあるキャッチコピーをまとめました。

 

 

キャッチコピーの目的は?

最初にお話をしておきたいことは、キャッチコピーの目的です。キャッチコピーの目的は、見込み客を「キャッチする」ことです。

見込み客をキャッチするとは、本文に引き込むことです。

そのためには、強く短い言葉を使う方が効果的です。毎日、おびただしい広告を目にしている現代人は、情報を右から左に流してしまいます。だからこそ、一瞬で目に止まる短いキャッチコピーが効果的なのです。

 

 

 

人はどんなことに関心を持つのか?

短い言葉を言っても、全く意味をなさない言葉では、見込み客をキャッチできません。たとえ、一瞬、キャッチしたとしても、「自分には関係ないか」と流されてしまいます。

 

よくある間違いが、

 

えっ!

というようなキャッチコピーです。

 

えっ!の後に続く本文に魅力がなければ、広告はスルーされてしまいます。

 

強く短い言葉+見込み客の欲求

 

ここにポイントがあります。

えっ!では、見込み客の欲求にリーチできていませんね。

では、見込み客はどんなことを考えているのか?

 

概ね次の5つになります。

 

1:得をしたい

2:素敵になりたい

3:困っていることを解決したい

4:好奇心を満たしたい

5:最新ニュースを知りたい

短い言葉で、こうした見込み客の欲求を刺激することで、見込み客をキャッチすることができます。

 

 

 

得をしたい欲求を刺激するキャッチコピー5選

 

1:

本日半額以下

健康食品に使われているキャッチコピーです。2個でひとつ分よりも価格を抑えることでお得感と売上アップにつなげています

 

2:

本日大特価

1と同じく、お得感を打ち出したキャッチコピーです。「本日」「大」のキーワードがポイントです。

 

3:

8つもの効果

製品やサービスの効能は多い方がいいですが、詳細を使える前に、数を示すことで、大きな効果があると印象付けることができます。「8つの効果」でなく、「8つもの効果」がより効果の大きさを示しています。

 

4:

追加費用がかからない〇〇

得をしたいと考える一方で、損をしたくないという欲求もあります。特に、損をしたと感じるのは、追加料金を請求された時です。業界的に、追加料金が当たり前の場合は、「追加費用なし」が効果的なキャッチコピーとなります。

 

5:ぶっとび価格

安いというよりも、「ぶっとび」「劇的」などの言葉を使うことで、よりお得感を演出することができます。

 

 

 

素敵さを伝えるキャッチコピー6選

 

1:

すごい!

凄い!

人を喜ばせる言葉の中で、強烈なのは、「すごいですね。」というものです。誰でもすごいと言われたい欲求を持っているので、「すごい」という言葉はインパクトがあります。

 

2:

ピーン!ハリ!

化粧品のキャッチコピーです。「ハリが出ます」よりは擬音語を使うことで、五感に訴えることができます。

 

3:

戻る!戻る!戻る!

これも年齢化粧品のキャッチコピーです。3回繰り返すことでインパクトが強くなります。

 

4:

朝も夜もグンッグンッ!

男性向けの精力サプリメントのキャッチコピーです。人には言いにくいですが、切実な欲求に訴求するキャッチコピーになっています。

 

5:

毎日スッキリ〜

便秘解消のサプリメントのキャッチコピーです。「〜」をつけて伸ばすことで、爽快感を伝えることができます。

 

6:大人の●●

特定のターゲットを絞ることで、特別感を打ち出すことができます。

 

 

 

困っていることを解決する訴求のキャッチコピー7選

 

1:

めぐりが悪い

めぐりが良い

いい状態と悪い状態を併記することも有効なキャッチコピーとなります。ベストセラー「金持ち父さん、貧乏父さん」のように、悪い状態ではなく、いい状態に向かいたいという欲求を自然に刺激します。

 

2:

髪が増えた!

育毛剤の広告です。育毛剤を使う理由は、髪を増やしたいことです。直球で欲求がかなった状態を訴求することでインパクトが大きくなります。

 

3:

70歳超えても、髪、ふわっ!

厳しい年齢を表現し、欲求が満たされた状態を連想させるキャッチコピーです。

 

4:

10秒で変身?

短期間で問題を解決し、変化したいという欲求を刺激するキャッチコピーです。

 

5:

シミに挑む

化粧品のキャッチコピーです。薬事法上、シミを消すとは言えませんが、同様の効果が期待できることが連想できます。特に「挑む」という言葉は、見込み客の味方になるという意味(敵はシミ)があり、共感性も高まります。

 

6:

これひとつ

時短と効果を両立させるキャッチコピーです。

 

7:

あきらめないで!

誰でもなにがしか、あきらめていることがあります。ですから、「あきらめないで」という言葉は、見込み客をキャッチするインパクトがあります。

 

 

 

好奇心をくすぐるキャッチコピー5選

 

1:

注目チラシ!再配布!

「注目!」と言われれば、どんな人でも注目をします。

 

2:

注文殺到の育毛剤!

「売れています」よりは、「注文殺到」の方が、スピード感が生まれます。

 

3:

本日限り!

人は限定性に弱いので、「限り」と言われると、「何が?」という具合に関心を持ちます。

 

4:

枕の替え時!

何かをするなら今ですよと強く言うことで、「なんでだろう?」という好奇心を刺激することができます。

 

5:

世界中のプロが日本の●●を使うわけは?

より多く人が使っているという情報は、まだ使っていない人の好奇心を刺激します。

 

 

 

ニュースで引きつけるキャッチコピー5選

 

1:

世界初!

はじめてのことはニュースになります。はじめての規模が大きいほどインパクトも大きくなります。史上初、業界初なども有効です。

 

2:

  • ●賞受賞

なんらかの賞を受賞しているという訴求は、信頼性を高めます。

 

3:

今、みんなが持っている話題の●●

「話題の」と訴求することで、知らない人にニュースとして伝えることができます。

 

4:

あの●●が登場

「あの」とつけることで、ニュース性を伝えることができます。

 

5:

号外

ニュースの中でも「号外」は特に重要なニュースという印象を与えることができます。

 

 

 

他業界の事例を参考にする(合法的なパクリ)

同業種のキャッチコピーを真似ることは商道徳に反します。しかし、異業種のキャッチコピーを参考にすることは、積極的に行いたいものです。

ここでは、これまで紹介したキャッチコピーを学習塾に応用して考えてみます。

 

夏期講習 本日半額以下

 

成績アップの8つもの効果

 

追加費用がかからない個別指導

 

ぶっとび学力アップ!

 

すごい!授業

 

偏差値、ドーンとアップ

 

成績が上がる!上がる!上がる!

 

偏差値がグンッグンッ!

 

毎日、やる気満々!

 

部活生のための特別事業

 

偏差値が上がる

偏差値が上がらない

 

偏差値が上がった!

 

偏差値45から、ドーン!

 

1ヶ月で変身?

 

苦手科目に挑む夏期講習

 

志望校をあきらめないで

 

入塾希望者殺到の学習塾!

 

塾の選び時

 

部活をがんばった生徒が、●●塾に通うわけは?

 

塾業界初!

 

今、みんなの偏差値が上がっている話題の学習塾

 

あの●●塾が●●地区に登場

 

 

 

まとめ

この記事では、短くてインパクトのあるキャッチコピーを集めました。広告は、目に止めてもらえなければ意味がありません。見込み客の目に止めてもらうために重要なのがキャッチコピーです。キャッチコピーを考えすぎて長くなってしまった時は、この記事を参考にインパクトがあり、短い言葉を試してください。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

折込チラシコストダウンのご提案

 

折込チラシの最安値を目指します!


折込チラシのコストダウンをお考えの方は、
お見積りを依頼してください。


印刷ファイターでは、全国の折込チラシ印刷会社と提携し、ご依頼いただいた見積りを各社に連絡し、最も安い価格をご提示します。

 


SNSでもご購読できます。

この記事の執筆者

別所諒
・社長の味方コンサルタント
・株式会社経営戦略パートナーズ代表取締役
・心理カウンセラー

著書
「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」

「がんばっても成果は出ない」

中小企業の2代目社長のサポーターとして、経営、マーケティング、組織開発の相談に乗っている。

コメントを残す

*