売れるチラシの作り方

塾チラシの作り方5:売れるチラシの型を守れ!

 

 

 

折込チラシの作成法について、理解が進んだ学習塾。今度こそ、折込チラシの制作にかかろうとする。これまでは他社のチラシを参考に、これがいいと思うチラシを制作してきた。

しかし、印刷ファイターは、そのチラシの作り方こそ、間違いであると言う。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

塾チラシの作り方4:レスポンスの高い折込チラシの5つのポイント

 

前回までのアドバイスで折込チラシのレスポンスが悪い理由と改善策を学んだ。

改善策を考えた学習塾では、チラシづくりに取り掛かるが、またしても、印刷ファイターからストップがかかる。印刷ファイターは折込チラシについて、さらに知っておくべきことがあると言う。

 

印刷ファイターが教えたいこととは何か?

レスポンスが高いチラシのポイントとは?

 

続きを読む

塾チラシの作り方3:レスポンスが悪いチラシ改善する5つの方法

 

フロントエンドとバックエンド、そしてLTVについて学び、レスポンス率の目安を得た学習塾。

新しく折込チラシを作成するにあたって、これまでに配布したチラシを見る印刷ファイター。

そこには、レスポンスが悪い理由があった。

 

果たして、レスポンスの悪いチラシの共通点とは?

 

 

続きを読む

塾チラシの作り方2:チラシの反応率とフロントエンド、バックエンド設計

 

 

折込チラシの特性を理解し、折込チラシに活路を見出した学習塾は早速、折込チラシの制作にかかろうとする。

これまで折込チラシを依頼していた印刷会社に連絡をしようとするが、印刷ファイターから意外な言葉が出る。

 

「折込チラシはいきなり作成してはいけません」

 

果たして、印刷ファイターの意図とは?

 

 

 

 

続きを読む

塾チラシの作り方1:新聞の発行部数減!世帯数と折込チラシの関係

 

 

 

ここは、N県にある学習塾

中学生向けに3教室を開いている

近年、大手塾の進出と、価格競争が激化して、生徒の募集に苦労している。

生徒のほとんどは、口コミで集まっていて、定期的に折込チラシを配布しているが、塾長は効果がなくなっていると感じている。

 

近隣に大手学習塾ができてからは、大量の広告を投下しているので、自社のチラシは目立たなくなり、生徒を奪われてしまっているのではないかと心配している。しかし、他に有効な広告手段が思いつかない。

 

 

続きを読む

整骨院がチラシ作成を学ぶことができる動画9選

新規の集客を考えた時に、それほど知識がいらずに誰でもできそうな広告手法がチラシです。デザイナーに頼んでもいいし、近くの印刷会社に電話をすればチラシを作って、印刷、折込の手配までやってくれます。コストを削減したいなら、自分で手書きのチラシを作成することもできます。

しかし、問題はそのチラシで思う通りの効果が得られるかということです。一度チラシを配布して結果が出なければ、お金を無駄にした落胆は大きくなります。やはりチラシはダメなのかと思うかもしれません。一方で、チラシの集客で成功している人もいるわけです。

実は、チラシ作成にはセオリーがあります。この記事では、チラシを作成する前に知っていただきたいセオリーを学ぶことができる動画を紹介します。

 

続きを読む

集客できるリフォームチラシを作成するための14の手順

リフォームの集客は、効果的なチラシを作成できるかどうかが大きく影響をします。
最近では、インターネットによる集客に力を入れているリフォーム会社も多くなっています。すでにリフォームをしたいニーズのあるお客様の獲得に関しては、検索エンジン対策は有効です。しかし、こうしたお客様は他社との比較の目が厳しく、利益が出しにくい傾向にあります。一方で、潜在的なニーズしかないお客様の掘り起こしにはチラシが有効になります。
この記事ではリフォームのチラシ作成方法と実際のデザイン事例を考えたいと思います。

 

続きを読む

チラシの反応率の考え方と反応率が悪いチラシの5つの改善策

「チラシの反応率はどのくらいか?」

この質問をよく受けます。

よく言われるのが、一般的には、0.01〜0.3%ということです。

しかし、この数字は目安であり、あまり意味がないと思っています。高額なものは反応率が下がるし、金額が安いものや無料のオファーを出したものは反応が上がります。

チラシに限らず、広告の効果はどのくらいの収益が出たかが重要になります。その収益は業種や販売している商品やサービスによって違います。

とは言え、チラシの反応率は高い方がいいので、この記事では、チラシの反応率を上げる方法をお伝えします。

 

続きを読む