反応率を上げる心理テクニック

優良企業はどのようなクリエイティブテストをしているのか?5つの事例紹介

レスポンス率の高い広告は、物販の場合、会社の売上を飛躍的に伸ばします。
ですから、どの会社も広告のレスポンス率を上げるために力を入れます。
では、広告のうまい会社はどのように広告を作成しているのでしょうか?

実は、広告のうまい会社ほど、広告は一発で当てるのは難しいということを知っています。
レスポンス率の高い広告を作るために欠かせないのが、クリエイティブテストです。
レスポンス率の高い広告を作成するために必要なのは、地道で詳細なテストです。

この記事では、4社の事例をもとにクリエイティブテストについてご紹介します。

 

続きを読む

人の欲求を刺激する売れるチラシを作る42の具体的感情一覧

売れるチラシは、人の欲求を刺激し、感情を動かしています。

チラシが、人が何かをしたいと求めている欲求を商品やサービスで満たすことで、驚くほど売れるようになります。

売れるチラシを作成するためには、人の欲求を知らなければなりません。

この記事では、人がどのようなことに欲求を感じているのか、42の感情を具体的に見て行きます。

 

続きを読む

【悪用厳禁】ほとんど脅しのようだけど売れる広告デザイン例12選

carved-1298797_960_720広告のレスポンスを上げるためには、

商品を買うことで得られる利点

商品を買うことで痛みから逃れられる

商品を買うことで希望が手に入る

ということを明確に訴求することが大切です。

緊急性があることの方が人は早く行動するので、「痛みからの解放」を訴求することでレスポンスを上げることができると予想されます。痛みは現実的で切迫感がある方が効果的なので、「見たら痛いと思う」広告デザインが制作されます。

ということで、この記事では苦痛から逃れるための訴求をやっている広告デザインを集めてみました。

 

続きを読む

女性脳を味方にする広告・チラシ作成14のヒント

買い物は女性が主役だと言われます。

実際多くのチラシは女性のお客さんに向けたものとなっています。

だから、チラシの担当者としては、女性心の理解を外せません。特に男性の担当者は絶対条件ですし、女性の担当者でも「マーケティング頭」になると男性化していることもあります。

 

「女性心と秋の空」(古い)ではありませんが、女性の心をつかむのは難しいものです。

 

そこでキーになるのが、「女性脳」。

今回の記事では、科学的に分析されている女性脳についてお伝えします。

 

 

続きを読む

顧客心理をゆさぶる13の心理テクニック

感情は理性を上回ってしまうと言われます。実際のところ、論理的に「この商品に私が興味をひかれている理由は?」なんて考える人はいないわけです。

「わかっていけるど、やめられない。」という言葉が流行するのも、人が感情的な動物だからですね。

人は誰でも、「思わず買ってしまった!」という経験があります。

優れたチラシの制作者は、人間の心理に精通しています。

よく見れば、売れるチラシは、お客さんの感情を揺さぶり、理性を納得させるクロージングが施されているのです。

この記事では、売れるチラシに使われているお客さんの感情をゆさぶる13のテクニックを紹介します。

 

続きを読む