チラシの効果が落ちていると言われることがあります。

 

しかし、安易にチラシは効果がないと考えるのは、地域密着のビジネスでは致命的になります。

仮に、チラシの効果がなくなっているとしたら、新聞を読む人が圧倒的に少ない場合です。

ところが、新聞の発行部数を見ると、まだまだ媒体として有効だということがわかります。

 

新聞購読数

増減

 

参考サイト

 

新聞に関しては、折込チラシではなく、新聞紙面広告の方が見ていただける可能性が高いという考えもあります。販売先が全国に渡っている場合はその通りだと思います。

しかし、地域密着の店舗ビジネスの場合、営業エリアではない場所に広告を出しても意味はありません。

それでもチラシで反応がないので、ホームページに力を入れたいという方針も正しいと言えます。

 

しかし、チラシに効果がなくなったからホームページに力を入れる(チラシではなくホームページで集客をする)というのはおすすめしません。

チラシの効果を高めるためにホームページを活用するといのが正しい戦略で、この記事では小さなお店がチラシとホームページを連弄させる方法をお伝えします。

 

続きを読む