チラシのコピーの書き方

強烈!短い言葉なのに、インパクトのあるキャッチコピー28選

 

あなたは広告のキャッチコピーをどのように考えているでしょうか?

よくある失敗は、キャッチコピーで全てを伝えようとしてしまうことです。

例えば、

 

最近、体力が落ちたあなたへ、

  • ●なら1日1回飲むだけで疲労が期待できます。

というようなものです。

ひとつのセオリーですが、伝えたいことが多くなると、キャッチコピーも長くなります。結果、説明くさく、読まれなくなってしまいます。

 

キャッチコピーが長くなったと感じたら、一気に短くする方法を考えて見ましょう。

 

例えば、

 

疲れが取れた!!

 

とする方が見込み客をキャッチしやすくなります。

この記事では、短いからこそインパクトのあるキャッチコピーをまとめました。

 

続きを読む

秀逸な通販チラシに学ぶキャッチコピー17の型

キャッチコピーは自分で考えてはいけない。

実は、成果を出しているコピーライターやマーケッターは、自分でキャッチコピーを考えていません。

キャッチコピーにはすでに成果を出している型があり、その型を応用しているのです。特に、ダイレクトマーケティングで使われるキャッチコピーはレスポンスを上げるための法則があります。

この記事では、通販広告で使われているギャッチコピーの型を17に分類してお伝えします。キャッチコピーに困った時の参考にしてください。

 

続きを読む

チラシデザインのキャッチコピー周りの効果的な作成方法 48のキラーワード付き

チラシデザインにおいて、キャッチコピーが大切であることは言うまでもありませんが、案外と力が入っていないのが、キャッチコピー周りです.

 

 

キャッチコピー周りとは、

 

キャッチコピー周り

というような、キャッチコピーを効果的にするワードのことです。

 

この記事では、キャッチコピー周りを効果的に作成する方法をお伝えします。

 

続きを読む

キャッチコピーの効果を倍増させるお客さんの5ステージの悩みとは?

売れるキャッチコピーはどうやって作るのか?

チラシ作りを担当していれば、キャッチコピーの大切さを痛感している人が多くいます。しかし、売れるキャッチコピーを作るのは簡単ではありません。

今回は、黒酢ニンニクの通信販売会社で広告を作成している高野さんからいただいたキャッチコピーの相談にお答えする形でお伝えします。

 

前回の相談内容はこちら
『売れるチラシを作成するために、世界で一番重要なこと』

 

 

続きを読む

効果的なキャッチコピーづくりに欠かせない6つの準備

広告で最も大切なことがキャッチコピーだと考えている人は多いですね。その考え方は間違いではありません。

キャッチコピーを考えるのは楽しい作業です。

しかし、自分主導で考えてしまうといいキャッチコピーができたと思っても反応が取れないことがあります。

この記事では、キャッチコピーを考える前に準備をしておいていただきたいことをお伝えします。

 

 

続きを読む

困った時のキャッチコピーの作り方 14の型

以前の記事で、キャッチコピーの役割は、「売る」ことではなく、本文にお客さんを引き込んでいく役割ですとお話ししました。

お客さんを本文に引き込むパターンとして、

1:お得

2:快楽を得る

3:痛みを避ける

訴求方法が有効になります。この記事では、14の型を紹介しながら、具体的なキャッチコピーの作り方について紹介します。

 

 

続きを読む