秀逸な通販チラシに学ぶキャッチコピー17の型

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッチコピーは自分で考えてはいけない。

実は、成果を出しているコピーライターやマーケッターは、自分でキャッチコピーを考えていません。

キャッチコピーにはすでに成果を出している型があり、その型を応用しているのです。特に、ダイレクトマーケティングで使われるキャッチコピーはレスポンスを上げるための法則があります。

この記事では、通販広告で使われているギャッチコピーの型を17に分類してお伝えします。キャッチコピーに困った時の参考にしてください。

 

 

キャッチコピーの型1:新しさ

新しいということはそれだけで価値があると思われます。商品やサービスがこれまでにないものなら、新しいことは見込み客を引きつけるポイントになります。

例えば、

・史上初

・世界初

・業界初

・これまでになかった・・・

キャッチコピーの型2:ニュース

人はニュースに関心があります。ニュース形式のキャッチコピーは人を引きつけます。

ニュース風キャッチコピーは、新聞や雑誌の見出しが参考になります。

キャッチコピーの型3:名称

商品名やニックネーム、店名、社名などが有名であったり、珍しい場合は、キャッチコピーに使うことができます。また、見込み客のベネフィットを連想させるネーミングもキャッチコピーに使うことができます。

キャッチコピーの型4:価格

圧倒的な価格優位性がある場合は、価格自体がキャッチコピーになります。

もちろん、無料、0円が最も強いキャッチコピーとなります。

キャッチコピーの型5:お得情報

お得感を伝えるメッセージもキャッチコピーとなります。

キャッチコピーの型6:秘密

人は秘密に強い関心があります。

例えば、

・秘密の・・・

・これまで明かされなかった・・・

キャッチコピーの型7:損失(危機)

人は持っているものを失いたくないと考えています。危険から逃れるために行動をするので、損失や危機について告知することは強力なキャッチコピーとなります。

キャッチコピーの型8:方法

人はできるだけ簡単にうまくいきたいと思っているので、「うまく行く方法」は強いキャッチコピーに使えます。

キャッチコピーの型9:理由

見込み客の関心のあることに「理由」をつけると強いキャッチコピーになります。

キャッチコピーの型10:エピソード

ストーリーは人を引きつけます。お客様の声など、ストーリーをキャッチコピーに使うことができます。

キャッチコピーの型11:質問

質問をされると人は考えます。

キャッチコピーの型12:数字(データ)

数字やデータは説得力が上がります。

キャッチコピーの型13:期限

期限を切るというのも強力なキャッチコピーです。人はお得な期間を逃したくないと考えています。

キャッチコピーの型14:オファー

強力なオファー、オファーそのものがキャッチコピーとなります。

キャッチコピーの型15:呼びかけ

呼びかけられると、人は思わず振り向くように、該当している人は広告に目を止めます。

キャッチコピーの型16:好奇心

好奇心を刺激するキャッチコピーに人は目を止めます。

キャッチコピーの型17:よいことと悪いこと

ベストセラーになった「金持ち父さん、貧乏父さん」のように、極端同士を繋げると強力なキャッチコピーになります。

まとめ

この記事では、通販広告の事例からキャッチコピーに型を17に分類してお伝えしました。

キャッチコピーはすでに成功している型があります。その型を使わない手はありません。

キャッチコピーに迷ったら、参考にしてください。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

折込チラシコストダウンのご提案

 

折込チラシの最安値を目指します!


折込チラシのコストダウンをお考えの方は、
お見積りを依頼してください。


印刷ファイターでは、全国の折込チラシ印刷会社と提携し、ご依頼いただいた見積りを各社に連絡し、最も安い価格をご提示します。

 


SNSでもご購読できます。

この記事の執筆者

別所諒
・社長の味方コンサルタント
・株式会社経営戦略パートナーズ代表取締役
・心理カウンセラー

著書
「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」

「がんばっても成果は出ない」

中小企業の2代目社長のサポーターとして、経営、マーケティング、組織開発の相談に乗っている。

コメントを残す

*